チャリティ活動について

インドでのチャリティー活動 ご報告

更新日:

みなさん、こんにちは。インド、シッキム州からです。なかなかブログが更新できなくてすみません。レプチャ族の村に滞在し、今日、町へ戻ってきました。また5日後くらいには村へ戻ります。(村から1時間ほど行かないと、ネット環境がなく・・・)

 

DSC_1496.JPG

村では、子供たちの学校へチャリティーの案内に行ってきました。先生にレプチャ族の子供たちを集めてもらい、スピーチしました。先生たちと子供たちの協力の元、この学校に通っていないレプチャ族の子供たちみんなの家を訪問し、どこの子供が一番、サポートが必要かを後日レポートしてもらうことになりました。

そして、今度のテストで、一番成績が優秀だった子供たちには、奨励賞をあげることになりました。たとえば、(民族として誇りを持ってもらうという意味でも)民族衣装などです。そうすることで、子供たち全員のやる気を引き出すことができますね!単に貧しいから何かをサポートして終わりではなく、勉強も頑張ってもらうようにできるいい方法ですね。

寄付をくださった、ある方が「魚を直接与えるのではなく、魚の釣り方を教えるようなチャリティーを」とおっしゃってくださっていたので、これはとてもいい方法ではないかと思います。

先生が、私と、チェリンを紹介してくださり、自己紹介させてもらいました。

DSC_1481.JPG


チェリン「私がこの村を出て町に出た時、私のことを他のインド人の新しい友人たちは、インド人として認識しませんでした。『あなたはインド人に見えませんね。中国人ですか、日本人ですか、インド料理は好きですか』などと聞かれます。自分のアイデンティティを失ったように感じました。私はインド人の中にいても外国人のように扱われ、自分の国にいながら、異国人のように感じ、孤独を覚えました。レプチャ族は“ヒマラヤの子供”という民族としての誇りを持っています。しかし、外の世界を知りません。ですから、みなさんがもっと勉強を頑張って外の世界に行って、もっとこの民族の外の世界も知ってほしいと思います。自分たちの民族のことを知ってもらいながら、外の世界からも学んでほしいと思います。また、私自身もみなさんを外の世界に連れて行って、私たち民族の文化を紹介できればと思っています。」

「日本から来ました、京子です。みんな私の名前を呼んでくれますか?(現地の人には発音が難しいので)」
子供たち「kyoko!」

「私は社会学修士の課程で、途上国の貧困について研究しましたが、その頃はどのようにサポートの実践をしていいかわかりませんでした。その後、ヨガを学び、ヨガを教えるようになって、ヨガを通じてチャリティーができるようになりました。ここに来る3か月前から3度、瞑想のイベントをして、日本のみなさんに、レプチャ族をサポートしたいと伝えたところ、たくさんの方が寄付をくださいました。

レプチャ族の方たちがどんなに素敵な言葉を話すか、人を罵ったり、傷つける言葉が存在せず、愛や慈悲や思いやりを示す言葉が多いこと、そして、私たちと顔も文化も似ていることなどを、日本のみなさんに伝えたら、感動していましたよ。」

「私は、みなさんにとって、お姉さんみたいな存在ですよね?」「はい!」と元気よく答える子供たち。

「私は、みーんなと話をしたいと思っています。どうぞお姉さんだと思って、日本のことや、日本語など聞きたいことがあったら、遠慮なく聞いてくださいね」

mother は日本語で何と言うんですか?father は?brother sister は?」と、子供たちは質問してくれました。
そして、担任の先生がみんなに「チャリティーにおいて、最もサポートが必要な人、そして、成績優秀者をサポートします。しかし、彼(彼女)だけが何かをもらったというような妬みの感情はないようにしてください。“私たち民族がもらった”という風にとらえてください。

どうか、みんなも大きくなったら、お金を集めて困った人たちを助けるようになってください。日本という、遠い国からわざわざ来て、彼女は、私たち民族を助けてくれようとしているのですから。」と現地語でおっしゃっていたそうです。それを後で、英語に訳しもらい聞いた時は、じわ~っときました・・・(;;)

その後、他に2校ほど訪ねました。こちらは、最初の学校に比べて小規模。2つめは17名くらいのレプチャ族の子供たち。


3つ目はお寺の学校で、子供は3人。遠くの村から親元を離れて先生の家に滞在し、親御さんに会えるのは1年に1回だけだそうです。

最初に訪ねた学校は、そこまで貧しそうには見えなかったのですが、中心から離れた山奥の学校へ行けばいくほど、貧しい子供たちに会い、よりサポートが必要だと感じます。



今日、町に戻ってきたので、学校の先生からニーズの調査を元に、購入できるものは購入して、村に戻りたいと思います。


みなさんのおかげで、ここまで、とってもスムーズに来れました!


自分でも驚くほどです!より高い目的のためには、神聖な力が後押ししてくれて、自分の知らないところでの力が働いているんだなと感じずにはいられません。


「自分がやっている」という意識がほとんどなくて、全てがスムーズにアレンジされている感じがします。

2校目にいくことになったのも、チェリンが、たまたま歩いているときに昔の上級生に会い、その方がレプチャ族の担当の先生になっていて、ちょうど次の日(町に帰る前の日)に、学校に来るように言われました。

すると、この日は、たまたまレプチャ族の子たちだけがいたんです。他の民族、ネパールなどの子たちは、ちょうどネパールのお祭りだったため学校には来ていませんでした。

おかげで、レプチャ族の子供たちに会えて、子供たちのダンスを見せてもらい、写真撮影もしました。

3校目の子供たちは、お坊さんになる修業をしている、小学生くらいの子供たち3人なのですが、私服がとても、ボロボロだったので、先生が、私服を購入するのを手伝ってほしいといわれました。

もうすぐ冬が来てとても寒いので、この3人の子供たちの冬服や下着などを、今回いただいた寄付で、今回の町の滞在で購入予定です。

他にもこういったニーズがたくさんあるだろうという話でしたので、もし、みなさんの家に、子供服で、捨てようかと思っているものがあり、インドに送ってもいいよという方がいらっしゃいましたら、御検討をお願いします。

何歳のものでも結構です。

詳しくはまたブログでお知らせします。

2校目、3校目の子供たちの写真、明日でもアップできたらしますね!

みなさんからのメールも楽しみに待っています。


人気記事

1

ヨガインストラクター通信講座の感想を以下にまとめてご紹介します。(現在  164件) 受講生のみなさまからの感想が大変多くなり、ひとつひとつクリックしてページを開くのが大変だと思いますので、一つのペー ...

2

マントラ・ヨガインストラクター通信講座 受講生の感想を1ページにまとめたものを以下にご紹介します。(現在 29件)

3

チェリンのスピリチュアル・カウンセリング/リーディングの感想をまとめたものを以下にご紹介します。(現在36件)

-チャリティ活動について

Copyright© ヨガインストラクター通信講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.