チャリティ活動について

ネパールからの古着チャリティのレポート(写真付き)

更新日:

いつも、インド、ネパールに古着を送ってくださっているみなさん、ありがとうございます。
今、インドからネパールに帰省中のチワン君より、レポートが届きました。
20151119_084818.jpg
20151122_101631.jpg
親愛なるディディ(「お姉さん」の意味)、ナマステ!
あなたたちお二人と、心優しい日本の兄弟姉妹へ
みなさん、ネパール人への寄付、ありがとうございます。
被災地であるSindhupalchok地区の人々、30人の子供と大人に洋服を配りました。
彼らは、シェルター(住む場所)や、十分な衣服がありませんが、デパワリのお祭りの間だけでも幸せな気持ちになれたようです。
あなたたちや、日本から寄付を下さった方々のことを知ると、彼らの顔はとてもチャーミングになりました。
同様に、Solukhumbu 地区にも行きました。
仏教を学んでいるPhungbucheスクールです。
私の兄が、そこで奉仕しています。
この場所は、12月から2月はとても寒くなります。
セーターや温かい服をここに送りました。
この場所は、地震でとても被害がひどかったところで、孤児たちもいるところですが、これらの服は彼らにぴったりでしたので。
地震の時は、日本の皆さんから寄付をしてもらったところと同じです。
ここのみんなが、あなたたちの温かい愛と親切な心を慕っています。
2番目の場所は、Solukhumbu phalate村です。
私が生まれた村です。
この村は、私が調べたところによると、10人ほどの孤児や、20人ほどの貧しく恵まれない子供達がいます。
洋服を彼らに送りました。
近い将来、この場所に、あなたたちと日本の仲間の皆さんを連れて行きたいと思っています。
ここに電話をしてみましたら、彼らはとても喜んでおり、日本の皆さんたちを思い、愛を送りたいと言っていました。
彼らに代わって、日本の皆さんにお礼を申し上げます。
彼らの写真を添付します。(上)
最後に、シッキムのガントクに戻る途中に、
インドとネパールの国境付近に、Jhapa Dhula Bariという場所があり、
そこに15人の小さなお坊さんたちが住んでいます。
そこにも服を送りました。
彼らはすでに、お坊さんの袈裟を買うために手助けしてくれた、日本のみなさんのことを知っています。
ここは、以前、あなたたちが、お坊さんの袈裟を買うために手助けしてくれた
Dawanne Nawal parasi地区のお寺の分校なのです。
彼らは、あなたたちの名前を幸せそうに口にして、
「彼らは私たちの所を訪ねてくれるの?」
と言っていました。
私がお伝えしたいのは、
「ディディ(お姉さん)、ダジュ(お兄さん)、そして、日本の親愛なる兄弟姉妹、本当にありがとうございます!
私はあなたたちの一部になって高貴な仕事に奉仕する機会を与えられたことを、とってもとっても幸せに思います。
少しでも平和と希望を彼らにもたらせたこと。
そしてこれからも、そうできますよう」
敬具
ネパールのあなたの弟チワンより
============
チワン君、多くの方に、みなさんからの古着を送ることができたようです!
こうしてレポートしてくれて、わかりやすくてありがたいです。

私からも、皆様に、心より重ねてお礼申し上げます。

人気記事

1

ヨガインストラクター通信講座の感想を以下にまとめてご紹介します。(現在  164件) 受講生のみなさまからの感想が大変多くなり、ひとつひとつクリックしてページを開くのが大変だと思いますので、一つのペー ...

2

マントラ・ヨガインストラクター通信講座 受講生の感想を1ページにまとめたものを以下にご紹介します。(現在 29件)

3

チェリンのスピリチュアル・カウンセリング/リーディングの感想をまとめたものを以下にご紹介します。(現在36件)

-チャリティ活動について

Copyright© ヨガインストラクター通信講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.