経営者やビジネスマンも瞑想を取り入れる時代

コーチング時代の友人、青木さん(通称・青さん)に博多で会いました。

青さんは、東京のビジネスコンサルタント会社経営者。長年ボーイスカウトでご活躍され、近隣諸国へ若者を連れてボランティア活動もされている、いつもさわやかな紳士です。→ 青木さんのサイト http://m-inst.com/

コーチングを始めた2000年頃、コーチングはまだまだ日本に広まっておらず、知らない人が多くて、説明するのが困難な時代でした。

「最近コーチングはどうですか?」と聞くと、「やっと企業に名前が浸透してきた」と青さん。

青さんとは、昔、一緒にコーチングの練習をしたり、私の六本木ヒルズのセミナーに手伝いに来てくださったりと、仲良くさせてもらっていましたが、10年前インドに行って以来、今回かなり久しぶりの再会でした。

青さんによると、「経営者の間で、瞑想も広まりつつある」とのこと。

青さんも、座禅をされているそうです。

いつも穏やか、ニュートラルでさわやかな理由は座禅でしょうか?

「スティーブ・ジョブズも瞑想をしていたことで有名であるし、これから、ビジネスマンの間でも瞑想は認知度を高めていきそうだね」との話でした。

インドでは、すでに昔から、企業研修に、瞑想のリトリートなどを行っています。

日本で、瞑想はまだまだ認知度が低いですが、本当に素晴らしい効果がありますので、もっと広めていきたいと思っております!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする