呼吸法講座 感想

プラーナヤーマ(呼吸法・調気法)通信講座の生徒さんからいただいた感想を1ページにまとめました。(現在3件)
 …
この講座を受講した目的は「1日中元気で笑顔に過ごす」ことでした。
仕事、私生活になぜか何も起こっていないのに気持ちが重く苦しくなることが日々ありました。
何故そのような気持ちになるのだろうと日々過ごしておりました。
そしてプラーナヤーマ講座を実践していくうちにヨガや瞑想をしただけの時とは違い
プラーナヤーマをした後は頭の中に光がさすような感じ(文章に上手く表現できませんが)で頭の中が空になりました。
私の場合はヨガや瞑想では得ることができない感覚でした。
日々時間のない時は ヨガの後プラーナヤーマを数回しただけでもそのような感覚を得ることができました。
そして呼吸や身体の内側にも自然と意識を向けることができます。
今まで意識していなかったものに意識が向くようになりました。
ヨガ、瞑想だけでもした日としない日の違いも感じておりましたが、さらにプラーナヤーマをすることで
1日中、心と身体が元気に過ごすことができるようになりました。
プラーナヤーマ一連の動きはなかなかできませんが、プラーナヤーマ1つ2つするだけでも本当に違いました。
まだ始めて4カ月ですのでこれからさらに実践し深めていきたいと思います。
京子先生ありがとうございました。

….

毎日のプラクティスに 瞑想の前に ストレス、疲れを感じた時に落ち着きたい時に いろんな場面で実践しました。

アサナの前に 日常の忙しさから切り替えて集中するために、夜眠れない時に、時に瞑想後目がさえてしまうのでその後になど、瞑想の前は今まで副交感神経優位にするプラーナヤーマをしていましたが眠くなってしまうので バランスをとるプラーナヤーマにしました。

また、カパラバティやバストリカをしてクンバカから瞑想もとてもいい感じでした。

クンバカをしたあとはとても心地よく瞑想状態に入れます。

呼吸法から自然に瞑想に移行するのは、無理がなく心地いいため、ヨガのクラスでも少し静かな時間をもうけるミニ瞑想のようにさせてもらっています。

ムドラについては、ほかにどんなものがあるのか、どういう意味効果があるのか、どのように使うのか 興味をもちました。

ムラバンダはなかなか強くかからず 状態をキープするのも難し感じでした。

普段使わない筋肉ということもあるのか、ぎゅっとした状態がすぐゆるんでしまいます。

アサナ プラーナヤーマ 瞑想をそれぞればらばらにやっていましたが、組み合わせることでより心地よく すっきりしたり、力があふれて活性化されたりすることを感じました。

フローは初めて取り組みましたが、瞑想的で調和がとれるのでこれからもやっていきます。

日常で呼吸を意識することが増え、心の状態との関係を感じました。

逆に呼吸を整えることで心もコントロールできますね。

これからもヨガの練習の中で、生活の中で取り入れていきます。

ありがとうございました。

・マラソンで最後の登坂をあきらめずに走りきれました。精神的にも体力的にも粘り強く頑張れました。走っている時、泳いでいる時に前より息が上がらなくなったように思えます。
・問題があっても受け入れようと腹をくくったと言いますか、どーんと構えられました。それが周りの人の手伝いをしようと考え行動し、すると人とのつながりが深まってゆきました。

・私の趣味に家族や仲間が共感して一緒にやるようになりました。ダンスのグループに息子と娘が加わり、8月のお祭りで一緒に発表することになりました。

・苦手な感じがした友達でしたが、まずは自分から心を開こうと、話題の一つとして友達の好きな音楽を教えてもらいました。それを聞いてみると、今まであまり聞かないジャンルでしたが私もとても気に入り、友達と心が近くなれました。

・こちらは望ましくないことですが、いろんなことを頑張りすぎていたようで、全てを手放して休みたいと思っています。浄化期間なのか、今まで抑えていた感情が出てきて、人をうらやんだり、イライラしたり、ネガティブな考え方、思いをしています。それに振り回されないように、客観的に観察して過ごそうと思います。
また、回転性のめまいを起こすようになりました。年齢的なことや走ったりするので、貧血になりやすいようですが、体にも無理をさせてしまったようです。ただこれで体からのSOSの信号に気が付けたので、良かったです。
瞑想しているから、大丈夫…と思ってましたが、忘れてしまっていたり、おろそかになってしまっていることに気が付きました。ゆるくリラックスは上手にできていたつもりなんですが、あれもやろう、これもやろと欲張りすぎたみたいです。
これからも瞑想とセットで呼吸法を続けていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする