スピリチュアル・カウンセリング/リーディング

もっと自信を持つには?自信を持つ方法

photo-1444703686981-a3abbc4d4fe3

自信がない、自分を好きになれない日本人

インド人にとって簡単で、日本人にとってとても難しいことの一つ。

それは、自分に自信を持つ、自己肯定感を高める、愛される自信を持つこと。

多くの日本人は、自分のことが好きになれない、自信を持てないことで悩んでいらっしゃいます。

自分を嫌いな人がいないチベット人、インド人

ダライ・ラマ法王のお話しで、こんなものがありました。

欧米社会では、「自分を嫌い、自分を好きになれない人がいる」と聞いたダライ・ラマ法王は、心底、驚かれたそうです。

チベットの文化では、「自分を嫌い、自分を好きになれない」という人は、ほとんどいないそうなんです。

ダライ・ラマ法王にとって、「自分を好きになれない」というのは、全く想像したことがない問題だったのです。

「信じられない」という思いで、本当かどうか確かめるために、ダライ・ラマ法王は、欧米人一人一人に、聞いてみられました。

「あなたは自分のことが好きですか?」

すると、ほとんどの人が「あまり好きではない」と答えたそうです。

当センターのスピリチュアルカウンセラー・チェリンも、インドのチベット仏教の文化で生まれ育った人間です。

このことについて、以前、チェリンに聞いてみました。

すると「インドでは、自分のことが嫌いという人には会ったことがない。自分の社会には、ほとんどいないと思う」とのことでした。

日本では、どうでしょう?「自分のことを好きになれない、自信がない」という、お悩みをよく聞きます。

多くの人にとって、「自分を好きになること、自信を持つこと」は、本当に難しいことのようです。

digital-art-398342_1280

どうすれば、もっと自分を愛せるようになる?

「自分をもっと好きになる、愛せるようになるには、どうしたらいいんだろう?」

長年、本を読んだり、セミナーに通ったり、いろんなことを試したけど、なかなか解決できず、

「自分を好きになるって、一見簡単そうに見えるけど、難しい」と感じてらっしゃる方も多いのでは?

「自分を好きになることは大事だと分かっていても、できない」という状態に陥ってらっしゃるのではないでしょうか?

では、どうすれば、自分をもっと好きになることができるようになるのでしょう?

インドのヒマラヤ奥地からやってきた スピリチュアルカウンセラー・チェリン

チェリンにとって、自分を愛すことは、とても自然なこと。

頭で理解したり、技術を習得して、そうなったものではなく、ありのままで、無意識でいても、「自分を愛する」状態からブレることはありません。他人からどんなに批判されても、どんな状態に追い込まれても、それは変わることはないくらい、確固としたものです。

ヒマラヤの土着民族レプチャ族に伝統的に伝わるシャーマン(ボンティエンと呼ばれる)をしていた父の血を継ぐチェリンが、スピリチュアル・リーディングによって、あなたが気づかない思い、原因、解決法を示します。

自分一人の努力が限界だと感じたら・・・

「問題を生み出した同じレベルの意識では、問題を解決することができない」

というアインシュタインの言葉は有名ですね。

同じ意識で努力を繰り返しても、同じような意識の友達に悩みを相談しても、出される解決法や、考え方では解決しませんね。

一人の努力では限界と思われてらっしゃるなら、ぜひチェリンのカウンセリングで、あなたがずっと知りたいと思っていたことをぜひ聞いてみてください。

もう一つの利点は、

メールの文章を受け取ったり、スカイプを通じてつながることでも、共振が起こり、同調します。

自然と、あなたも同じように考え、感じるようになるでしょう。

人間同士のブルートゥースですね。

ぜひ、チェリンの「自分を愛する」バイブレーションに触れて、あり方を感じてみてください。

スピリチュアルカウンセリングの効果

チェリンのスピリチュアル・カウンセリング/リーディングは、1回だけでも、大きな効果を感じていただいております。

いただいた感想の一部をご紹介させていただきます。

本日はありがとうございました。
リーディングをお願いして本当に良かったです。
自分への物足りなさ、誰かに認められたい、必要とされたいという欲求この理由が明確になりました。
過去生の自分が僧侶に言われた言葉、これを誰かに求めていたのかもしれません。
また引き続きの課題、ぶれずに実行できていることがさらに自信につながりました。
もう迷いません。
私らしく私を必要として下さる方の為に仕事に励んでいきます。
不安も迷いも取っ払えました。
もしまた不安に襲われたら、心を開ける家族、友人に話して自信回復していきます。
明日、早速友人とランチです。
その友人も前世を知る為のカウンセリング申し込んでい るそうです。
繋がっていますね。
上にも書きましたが、実は今日は結婚記念日です。
結婚して9年。
子どもを大切にする主人。
でも、私の事は空気の様で見えていないし、なんとも興味もなくどうでもよいのだろうと感じていました。
主人は口下手でシャイなのが相まって、普段からまじめな話はしてくれないし。
だから余計に私は必要とされているのか、思われているのか、一緒にいる意味があるのかを一人考えていました。
しかし、今日話を聞いてお互いにそう思っている!!
驚きました。
思いあっていることが分かって本当にうれしかった。
涙が出るほどうれしかった。
なんて満たされているんだろ、幸せなんだろうと思いました。
ありがとう ございます。
そして、普段は仕事帰りが遅い主人がなんと7時頃に帰ってきて、早速家族4人そろって夕食の時間ができたのです。
また、驚きました。
いつもより、もっともっと素敵な団らんでした。
これからも2人で1人。
生涯のパートナーとして一緒に過ごしていきたいと思います。
ツェリンさん、京子さん
始めて会った気がしないほどお二人との時間が余りに自然で心地良かったです。
素敵なお時間をありがとうございました。
長文お読み頂き、ありがとうございました。
おやすみなさい。
*追伸に、美しい花の写真をいただきました。
Yさん「今日の記念に、お庭にお花を植えました。
私の心これくらい澄んで、咲き誇っています」

よくあるご質問

Q: 私は、人に強く言われたり、決めつけられたりするのが苦手です。自分のことを話すのが不安なのですが。

A: チェリンの出身民族である「レプチャ族」の言葉「レプチャ語」には、「人を傷つける言葉が存在しない」と言われています。

 私たちは、決して傷つける言葉や、強い言葉、偉そうな言葉を言ったりはしません。
あなたにそっと寄り添いますから、安心してお越しくださいね。

セッションの流れ

1 お申し込みボタンより、お申し込みください。

2 申込書とお振込の詳細をメールにてお知らせします。

3 申込書に聞きたい質問を簡潔にお書きお送りください。

4 お振込を事前にお済ませください。

5 お振込確認後、セッションについての詳細をメールでおしらせします。

(内容を英語でそのままやりとりできる方は、事前にお知らせください)

6 セッション後、よろしければ、変化をお知らせください。プロセスを振り返り、書き出すことで、より理解や気づきが深まるというメリットがあります。

セッションの方法

①メール か ②スカイプ(60〜90分)にて受け付けています(*スカイプは期間限定で行なっています)

(日本語訳にてお届けします。英語でもよろしければ、事前にお知らせください)

*メールの場合1セッションにつき1往復。
最初のご質問→回答→何かご質問があればメールください→回答。それ以降の回答は追加料金となります

*メールは、対面よりも効果が落ちるということはありません。メールでは、対面よりも、受け取られる方の余計な先入観の邪魔が入らず、効果が出やすかったり、アドバイスがすっと入ってきやすいようです。

カウンセリングを受けた方の感想

(以前は様々なテーマで受け付けていましたが、2017年7月より、カウンセリングのテーマを「自分を愛する」「自信を持つ」「自己肯定感を高める」ということに絞って募集します)

img_23551200-1200x550

料金

25000円

お申し込み

info@kyokocherrin.com

に、「①カウンセリング申し込み ②お名前 ③メールアドレス」をご記入の上、お申し込みください。

(迷惑メール設定や、受信拒否設定になっている場合は、返信できないことがありますので、設定を事前にお確かめくださいませ。)

注意事項

・精神的な病があると診断されている方、治療中の方、アルコール・薬物依存症の方はお受けできません。
・哲学的論争を目的とした方は、ご遠慮ください。

安心してお越しください

特定の宗教団体への勧誘や、物品販売、高額なセミナーなどへの勧誘はいたしませんので、安心してお越しください。

スピリチュアルカウンセラー・チェリンのプロフィール

ヒマラヤの大自然の中で、レプチャ族のシャーマン&ヒーラーであった父と、チベット仏教の尼であった母に育てられたチェリン。

「肉、酒、タバコ、ギャンブル」などを避け、心身ともに穢れが入らないように生き、「怒り、欲、妬み、エゴ、えり好み」といったものがほとんどなく、個人の我欲が無に等しい、純粋無垢な天使のような心を持っている人物です。

彼の生きる理由はただ全ての存在が幸せであること。

困っている人がいたら助けたい、そのために人生を捧げたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする