スピリチュアル・カウンセリング/リーディング

もっと自信を持つには?自信を持つ方法 自信がない、自分を好きになれない日本人 インド人にとって簡単で、日本人にとってとても難しいことの一つ。 それは、自分に自信を持つ、自己肯定感を高める、愛される自信を持つこと。 多くの日本人は、自分のことが好きになれない、自信を持てないことで悩んでいらっしゃいます。 自分を嫌いな人がいないチベット人、インド人 ダライ・ラマ法王のお話しで、こんなものがありました。 欧米社会では、「自分を嫌い、自分を好きになれない人がいる」と聞いたダライ・ラマ法王は、心底、驚かれたそうです。 チベットの文化では、「自分を嫌い、自分を好きになれない」という人は、ほとんどいないそうなんです。 ダライ・ラマ法王にとって、「自分を好きになれない」というのは、全く想像したことがない問題だったのです。 「信じられない」という思いで、本当かどうか確かめるために、ダライ・ラマ法王は、欧米人一人一人に、聞いてみられました。 「あなたは自分のことが好きですか?」 すると、ほとんどの人が「あまり好きではない」と答えたそうです。   当センターのスピリチュアルカウンセラー・チェリンも、インドのチベット仏教の文化で生まれ育った人間です。 このことについて、以前、チェリンに聞いてみました。 すると「インドでは、自分のことが嫌いという人には会ったことがない。自分の社会には、ほとんどいないと思う」とのことでした。 日本では、どうでしょう?「自分のことを好きになれない、自信がない」という、お悩みをよく聞きます。 多くの人にとって、「自分を好きになること、自信を持つこと」は、本当に難しいことのようです。 どうすれば、もっと自分を愛せるようになる? 「自分をもっと好きになる、愛せるようになるには、どうしたらいいんだろう?」 長年、本を読んだり、セミナーに通ったり、いろんなことを試したけど、なかなか解決できず、 「自分を好きになるって、一見簡単そうに見えるけど、難しい」と感じてらっしゃる方も多いのでは? 「自分を好きになることは大事だと分かっていても、できない」という状態に陥ってらっしゃるのではないでしょうか?   では、どうすれば、自分をもっと好きになることができるようになるのでしょう?   インドのヒマラヤ奥地からやってきた スピリチュアルカウンセラー・チェリン チェリンにとって、自分を愛すことは、とても自然なこと。 頭で理解したり、技術を習得して、そうなったものではなく、ありのままで、無意識でいても、「自分を愛する」状態からブレることはありません。他人からどんなに批判されても、どんな状態に追い込まれても、それは変わることはないくらい、確固としたものです。 ヒマラヤの土着民族レプチャ族に伝統的に伝わるシャーマン(ボンティエンと呼ばれる)をしていた父の血を継ぐチェリンが、スピリチュアル・リーディングによって、あなたが気づかない思い、原因、解決法を示します。 自分一人の努力が限界だと感じたら・・・ 「問題を生み出した同じレベルの意識では、問題を解決することができない」 というアインシュタインの言葉は有名ですね。 同じ意識で努力を繰り返しても、同じような意識の友達に悩みを相談しても、出される解決法や、考え方では解決しませんね。 一人の努力では限界と思われてらっしゃるなら、ぜひチェリンのカウンセリングで、あなたがずっと知りたいと思っていたことをぜひ聞いてみてください。   もう一つの利点は、 カウンセリングでつながることで、共振が起こり、同調します。 自然と、あなたも同じように考え、感じるようになるでしょう。 人間同士のブルートゥースですね。 ぜひ、チェリンの「自分を愛する」バイブレーションに触れて、あり方を感じてみてください。   スピリチュアルカウンセリングの効果 チェリンのスピリチュアル・カウンセリング/リーディングは、1回だけでも、大きな効果を感じていただいております。 いただいた感想の一部をご紹介させていただきます。 本日はありがとうございました。 リーディングをお願いして本当に良かったです。 自分への物足りなさ、誰かに認められたい、必要とされたいという欲求この理由が明確になりました。 過去生の自分が僧侶に言われた言葉、これを誰かに求めていたのかもしれません。 また引き続きの課題、ぶれずに実行できていることがさらに自信につながりました。 もう迷いません。 私らしく私を必要として下さる方の為に仕事に励んでいきます。 不安も迷いも取っ払えました。 もしまた不安に襲われたら、心を開ける家族、友人に話して自信回復していきます。 明日、早速友人とランチです。 その友人も前世を知る為のカウンセリング申し込んでい...
2015年9月5日0 DownloadsDownload