インドの貧しい村に日本からの古着を配りに行ってきました

主人が、先日、シッキム州のとても貧しい村へ、日本の皆さんが送ってくださった古着を持って行きました。先日お伝えしていた通り、ここは、危険なところだから私を連れてはいけないと、私が帰国してから一人で行くということでした。
彼の地元の人からも、危険だから気をつけて言われながら行ったそうです。危険と言うのは、例えば、道路も整備されていないし、今は雨季で土砂崩れも多く、歩くのも大変ですし、車も崖から落ちてしまうこともあります。
それに、「フードポイズン」といって、ただの食中毒ではなく、黒魔術的なものがあり、食事の中にわざと毒を入れて、ゲストが死ぬと、その家が繁栄すると信じられているものが、インドの田舎にはあるんです。迷信かと思いきや、実際、彼の近所の女性が、最近、それで亡くなりました。私も会ったことがある方であり、今回のインド訪問の時、お葬式もお手伝いしました。
その毒というのは、何か意志を持っているようで、持ち主が、それを使っていかなければ、持ち主自身に不幸がもたらされると信じられているようなんです。
ですから、私も「あまり何も食べないでね。危険と察知したら食べないでね。何かビスケットやチョコレートを持参してね」と言っておきました。
食事の前にお祈りをすると、それを避けることができるそうで、実際、彼の地元で私も仲良くなったクリスチャンの男性は、あるお店に入り、チャイを飲む前に、お祈りをしたら、パーン!とチャイのグラスが割れて、飲めなくなったそうです。お祈りによって守られたというわけです。
その後、彼の後に来たお客さんに毒が行き、亡くなってしまったという話を聞きました。
1日目。主人は、みなさんから送っていただいた古着、約60ペア(上下)を1つの袋につめ、およそ35キロくらいあったそうですが、それを担いで、3時間歩いたそうです。
雨が何日も降り続いたため、土砂崩れもひどく、彼も山を降りながら、なんども滑ったのだとか。
やっとのことで、整備された道路にいきついたそうですが、乗り合いジープは、もう今日は来ないと言われたそうです。
そして、親切な村の人に出会い、その荷物だけを置かせてもらい、フードポイズンを避けるために、泊まるのはやめて、
3時間かけてきた道をまた戻り自分の家に帰ったそうです。
(帰りは登りなので、もっとかかったでしょう)
2日目。晴れたので、今日こそはと、また出発しました。
3時間歩いて、昨日の場所まで到着。そして、ジープに乗り、2時間。
そしてまた35キロの荷物と共に1時間歩いたそうです。
そこから先の話は、まだ上手く連絡が取れず、詳しい話は聞いていないので、また後日書きます。
とりあえず、村の人々はとても親切で、フードポイズンにも当たらず、
何度も山の中で滑りながらも、村の人々を訪問し、会話をして、生活の状況を確認し、60ペアの日本の古着を無事配り終えたそうです。
健康に、無事、家に戻ったと連絡がありました。
私を連れて行かなくて本当によかったと言っていました・・・
電話で聞いただけなのでまだ状況はわかりませんが・・・
写真を撮ったそうなので、またいつかみなさんとシェアさせていただきます。

主人も私も、みなさんの大きな愛で送っていただいたお洋服を、一着もムダにしたくない。一番必要な人から、届けていきたいという思いがあります。インドは、日本のように、郵便のシステムや、交通網も発達していませんので、主人のアドレスにこれまで到着した荷物も、山道を30分登って、取りにいき、また運ばなくてはなりません。家までは持ってきてくれないそうです。
しかし、主人は、雨の日でも連絡があれば、取りに行っていました。
「晴れてからでいいんじゃない?」といっても、「日本のみなさんがせっかく送ってくれたのだから、みなさんの気持ちを大事にしたい」と、一日も早く、受け取り、必要な人に配りたいという気持ちでいるようでした。
また、貧しくて、助けが必要なところほど、アクセスが難しく、歩いていく以外はないような場所にあるので、このようにして危険と隣り合わせです。

これからは、主人も日本に住む予定でいますので、これから日本のみなさんが送ってくださる服は、私たちが訪問した村に直接送っていただこうと考えています。
送りたい古着などがあれば、また個人的にメールくだされば、個別にアドレスをお送りいたしますので、よろしくおねがいいたします。
*ある国では、過剰に余り、捨ててしまう食料、衣類が、ある国では、異常に不足しています。
もっと均等に、余っているところから、不足しているところへ届けられるシステムが作れたら、と何年も前から思っていました。
ちょうどインドとご縁があり、両方の国をつなげることが、少しずつできています。
みなさんからのご協力、これからもよろしくお願いします。