がらりと視点を変えて見たら、心が軽く仕事が楽しめるようになりました

古着を送るチャリティーに参加してくださったAさんからいただいたメッセージです。
ありがとうございます。
(受講生より)
先日は、古着の送り方について教えていただきありがとうございました。
今日、送り出せましたのでご連絡致します。
秋冬ものの女性のショートパンツなど使えるかどうかわからないものもありますが、女性のコートや子どものジャンバーなどは活用いただけるかなと思います。現地の気候などの事情に合わせて役立てていただけたらうれしいです。
今回このチャリティーに参加しようと思ったのは、ちょうど、着なくなった服をどうしようかな~と 思っていたときに、ブログの記事の「今、運が悪くて幸せじゃないっていう人も、悩みが多い人も、チャリティーで誰かの幸せに貢献することは、回り回って、あなたの不運や悩みの連鎖を断ち切ることにもなります。悩みが多い時、大変な時は、自分のことばかり考えてしまいますが、それは、ますます悩みや問題を大きくします。視点を変えて、誰かの役に立つことに集中してみましょう。どうしたら人を幸せにできるんだろう、とずっと考え続けていると、自然と「私」というエゴは消えて、「私」にまつわる問題も一緒に消えていきます。」という文章を読んだことです。
ここのところずっと「今の仕事内容は自分の希望したものじゃない」「役に立 っていないんじゃないか」「やりがいを感じられない」という思いを抱えて、モヤモヤしていました。子育てをしながら働く、という点では申し分のない環境なので、そんな贅沢なことを思っている自分にイライラしたり…。
なので、先生のアドバイス通り、「自分がやりがいを感じたい」というところから、がらりと視点を変えてみようと思ったんです。
古着を送ったことだけではなく、仕事についてもあまり深く考えずに、とりあえず目の前にあることを丁寧にこなし、関わる相手にとって自分は何をしてあげられるか?を中心に置くようにしています。
おかげで、少し心軽く仕事も楽しめるようになってきました☆
良いきっかけをいただきありがとう ございました。
長くなってしまいましたが、ご報告でした。
また何か気づいたことや質問があったらご相談させて下さい。毎日のメルマガやブログも楽しみにしています♪
(センターより)
こんにちは。
チャリティーのご協力ありがとうございます。
視点を変えて、さっと行動できたのは素晴らしいですね!
目の前のことを丁寧に、相手に何をしてあげられるか?
素晴らしい視点だと思います!
はい、またぜひシェアしてください。ありがとうございます。
愛と感謝を込めて