ネパール人にだけ働く不思議なレーダー

みなさんのご協力で、インド、ネパールにチャリティーをさせていただいておりますが、
それで、ネパールの神様がついてくれているのかわかりませんが、
ネパールに関して不思議なことが起こっています。
というのは・・・
街を歩いていて、ネパール人がそばを通ると、
後ろを向いている人であれ、
夜、暗い中、自転車で走り去っていく人であれ、
「あ、ネパール人だ!」
と、なぜか分かってしまうという不思議な能力(?)が働くのです。
ゲイの人は、ゲイを見ると、なぜかレーダーが働いて、すぐに分かってしまうと
仲良しのゲイ・フレンドが話していましたが(笑)
私も、ネパール人を見ると、なぜかレーダーが働くようなのです。
「さっき、ネパール人だったね」というと、主人も気づいていません。
主人の方が、ネパール人に馴染みがあるし、ネパール語も話すので、もっと私よりも気づいて良さそうなのですが、「あっ、そうだった?」と気づいていません。
事前に、こっそり、「ほら、あの人、ネパール人だよ」と主人に伝えておくと、
会話をこっそり聞いて、「ほんとだ、ネパール語喋ってる」というのです。
昨日、夜、買い物の帰りに道を歩いていたら、さーーーっと自転車が通り過ぎて行きました。
ネパール人レーダーが働き、
「さっき、ネパール人だったね」というと、
「え、どこ?」とキョロキョロする主人。
「もう自転車で走り去って行ったよ」
「え?なんで、こんな夜道で、よく見えないのに、自転車で通り過ぎていく人までネパール人て分かるの?」
という主人と一緒に、私自身も不思議でたまりませんでした。
「ネパールのチャリティーしてるから、ネパールの神様がついてくださってるのかなあ?それで、ネパール人とのご縁を繋いでくださってるのかなあ。」
というと、
主人が、「チャリティーで、洋服を受け取った子供達、お坊さんたちが、感謝の祈りをしてくれているから、それが届いてるのかな?」と
二人で話していました。
なぜか、ネパール人にだけ、さっとレーダーが働く。
これは、最近ではなくて、もう1年くらい前からでしょうか、続いています。
まだネパールに行ったこともありませんが、これから深いご縁になるのかもしれませんね。
2月から4月まで、インドに行きます。ネパールは情勢を見て、行けそうなら行ってきます。
主人の里帰りを兼ねて、寺院を巡りながら、チャリティー活動もしてきます😃✋