ブッダのお母さんが瞑想をしていた場所  Nawalparasi ナワルパラシでのチャリティー

前回の記事のつづきです。
校長先生が、学校の敷地内を見せに連れて行ってくれました。
霧のかかる朝の森の中を歩くのはとても気持ちいいものでした。
「ブッダのお母さんが瞑想をしていた森だそうですが、どこか特定の場所はあるのですか?」と聞いてみると、
「それは、誰にもわからないのですが…」
ということで、そっかぁ…と思っていたら、その後しばらく歩いて、木のゲートで保護されているところを開けて、中に入っていくと、大きな岩が3つあり、その周りがまた保護されていました。
ここは一体何なのでしょう?
「この3つの大きな岩は、道路を作るために大きな岩をどけようと工事していたときに、爆発して3つの岩になり、
工事に関わった人も亡くなったので工事が取りやめになった場所です。今は向こうの方の遠回りになる道を使っています。
こんな事故があったので、ここがブッダのお母さんが瞑想していた洞窟だったのではないかと言われています。
以前、サイキックな日本の女性が来て、写真を撮ったら、白い月が映っていたことがありました。」
ブッダのお母さんが瞑想していた場所なので、神聖な力が、取り壊そうとするネガティブな力に対して反応したのでしょうか?
私達も写真を撮ってみようと、チワン君と写真を撮ってみました。
チワン君がこんなの初めてだ!と驚いて撮った写真を見せると、写真がカクカク揺れていました。
昨日チェリンが撮った月の写真もこんな風に写ったよと、言うので見ると、白い棒みたいになっていました。
P_20160222_085548.jpg
文章で読んでいるみなさんは怖いと思うかも知れませんが、校長先生もみんなも明るいし、楽しい雰囲気なので、全く怖い雰囲気ではなかったですよ(^_^)ノ
その後も霧の中を歩いていき、次の校舎へ向かいました。
この校舎は、以前、ネパール人の子供達が遊んでばかりで本を読まないのを見たイギリス人の方が、イギリスではもっと子供達が本を読むということで、ネパールの子供達のためにそんな環境を作ってあげたいと作った校舎なのだそうです。
つづきます