2019年チャリティー経過と日本帰国についてのご報告

チャリティー経過報告です。
シッキムでのチャリティー。今回は、一校目のアバンダントライフスクールへの幼稚園生用の椅子とテーブルの依頼。そして、二校目のリンジョプライマリースクールは、先生に会議で、最もサポートの必要な子供達と、その子友達が最も必要としているものを話し合っていただき、提供するという計画です。
一校目のために、大工さんは未だ作成中。そして、二校目は、まだ会議の話し合いが終わらず、返事をもらっていない状況。
それを待つ間、別の街に行って、何かを学ぼうということで、バラナシに来て、音楽を学んでいました。
バラナシ後、シッキムに一週間ほど戻り、チャリティーを終わらせてから帰国・・・と計画していましたが、家族の問題があり、シッキムには戻らず、新しく航空券を買って、早めに帰国することになりました。
家族の問題とは、私の父の体調のことです。食欲低下で何も食べられず、54キロあった体重が33キロになりました。具合が悪いとのことでしたが、病院には行かず家におりましたので、私たちが帰国して、病院へ連れて行きました。大病院への搬送になり、6時間もの検査を終えて、緊急入院。
意識状態がおかしく、話しかけても、反応がなかったり、何回言っても理解が遅かったり、ガリガリに痩せこけて心配でしたが、病院でいろんな措置をしていただいたおかげで、昨日、意識状態も戻り、話しかけても、一回で理解を示すようになり、顔色もよくなりホッとしています。
 
シッキムでのチャリティーは、電話で、地元の人たちに頼んで、続きをやってもらっています。
一校目の椅子とテーブルの方は、あと2、3日で完成するという話ですが、また連絡したいと思います。
二校目とは、まだ連絡を取ろうとしていますが、繋がらないので、地元の人から連絡してもらおうと思っています。
 
今回は、私事で、チャリティーが中途半端になってしまい、申し訳ありません。
地元の人たちとのやりとりを続けて、またご報告します。