ディバインにゆだねて生きると、こんな奇跡の出会いの引き寄せが起こる!

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
先日、凄い奇跡の偶然の出会いが、立て続けに2回連続で起きたので、シェアさせていただきます♪

 

先週金曜、突然、20数年ぶりに再会しようと、ある人から連絡がありました。

私が20歳の時、中米グアテマラの「レフヒオ」というゲストハウスで出会った、日本人旅行者の「Iさん」からでした。

私は、当時大学生で、オーストラリアから旅を始め、東南アジアを周り、メキシコへ飛んで、南米にいく途中、グアテマラでスペイン語の勉強をしていた時でした。

 

「Iさん」は、世界を2周半も、バイクでしており、日本一周はすでに5、6回。

日本200名山は登り終え、

今回は、300名山を登りながら、日本一周のために、九州にいるとのこと。

「明日そっちいくけど、会う?」

と唐突に連絡してくるというのは、旅人にありがちなスタイル。

私も、よくやりますが(笑)

 

 

そして、20数年ぶりに、再会した「友人 Iさん」

今回宿泊していた旅仲間の家は、私の隣の駅にあるとのこと。

 

「福岡といっても広いから、もし、君が北九州とかに住んでたら、今回は会えなかったね」

と、Iさん。本当にそう。

 

このことが、1つ目の奇跡

でも、これはまだまだ、序の口。

 

 

友人 Iさん:「明日、別の友達と、お花見にいくけど、来る?」

仕事が忙しかったものの、20数年ぶりにせっかく会えた友達。

今度またいつか会えるか分からないので、行ってみました。

 

 

翌日、駅に迎えに来ていた

友人 Iさんの お友達の男性 Kさん

に初めましてと自己紹介した後、

お花見の公園まで歩いていく途中。

 

 

Kさん「うちの妻は、中国に5年留学したことがあって…日本の大学行かずに、直接中国に行った、珍しいタイプなんです」

 

 

その一言で、福岡に住む私のオンライン講座の生徒 I さん のことが思い浮かび、

 

Kさんの奥さんのお名前は?」と聞いてみました。

 

すると、まさに、生徒さんと同じお名前!

苗字も一致!

 

「占いをされていますか?」

「はい、してます」

「間違いない、奥さん、私の生徒さんですよ!

私のオンライン講座に数回来てくださったことがあります!」

 

一同、「えーーーー!!」

 

まさかのまさか。

 

私のヨガ・瞑想講座にはオンラインなので世界中から参加されますが、福岡はこれまで、3人くらい。

そのうちの一人に、こうやって、ピンポイントで会うなんて!

街ですれ違ったとかではなくて。

 

 

「生徒 Iさん」は、

波動共鳴セッションで、一体一でお話ししたこともあったし、

講座もいくつか受講して、少人数だったため、

じっくりお話したこともあったので、

よく覚えていました。

でも実際はお会いしたことがなかった。

 

お花見の公園に着いた時、私の写真を撮って、サプライズしてみよう!とのことで、

ご主人Kさんから「生徒 Iさん」にラインで写真を送ってもらいました。

 

「いつ、気づくかな?」とみんなでワクワクして反応を待ちました。

 

ピロン(メッセージが来た音)

 

「来た来た!」

「なんて書いてある?」

みんな、ソワソワ。ワクワク。

 

 

「えっ!鶴田京子さん?私の先生だよ!」

 

Kさんが読み上げ、みんなで大盛り上がり。

 

「奇跡やな〜」「すごいな〜」

 

 

そして、来る予定がなかった「生徒 Iさん」が、駆けつけてくれました。

可愛らしい花束を持って。会えてよかった!!

 

同じ福岡に住んでいるので、いつかどこかで会うのでは?

とお互いに思っていましたが、

実際に、同じ空間で、

生で会えている奇跡を噛み締めた、とても素敵な時間でした。

出会いを喜び合い、何度も、Iさんとハグしました。

ほんと、嬉しい〜〜〜!!!

 

そして、みんなで、この奇跡について、語り合いました。

「すごい、すごい!」「映画にできるね」

 

20数年ぶりに「友人 Iさん」が私に会いに来てくれたおかげで、

これまでオンラインだけだった「生徒 Iさん」に会うことができました。

帰りの電車でも、「いい1日だったね〜」と、みんな奇跡を噛み締めながら帰りました。

 

 

ちなみに、

今回20数年ぶりに会った「友人 Iさん」と、

以前、私が主催した講演会に来てくださった「冒険家 坪井伸吾さん」

バイクで世界一周の共通点がある、友人同士で

「生徒 Iさん」は、1年前の坪井伸吾さんの講演会には参加

(「友人 Iさん」「坪井伸吾さん」との繋がりは知らず。

「生徒 Iさん」ご夫婦のおうちには、以前から「友人 Iさん」は泊まりに行っていた

登場人物が多すぎて、文章で読むのは複雑ですね…

短く言えば、お互い、知らないまま、繋がっていたということです。

 

これが2つめの奇跡

 

そして、3つめの奇跡というのが、それから2日後のこと。

 

火曜日、クリニックに両親を連れて行き、両親を家に送る途中、近くの公園で今満開の桜を見に行こうということになりました。

何度かマスクを外して写真を撮るうちに、イヤリングを落としてしまったことに後で気づき、私は一人で夕方、探しに行きました。

 

公園を一周したころ、知らない女性が話しかけてきました。

「何か探しているんですか?」

変わった服装に、変わった楽器を持っていて、とても親しげな雰囲気の女性。

 

「はい、イヤリングなんですけど・・・ところで、その楽器は何の楽器ですか?」

 

「これ、インドの楽器なんです」

 

「え!インド?私、インドに5年住んでたんです。主人もインド人なんです」

 

「インドのどの辺?私がいたのはベンガル地方」

 

「まさか、その楽器に、ベンガル地方というと…」

(何か関係があるかもしれない、と思い聞いてみました)

 

「私、好きな歌い手の人がいるんですが。日本人女性で、ベンガル地方で、歌っている人がいるでしょう、えーっと…」

 

「もしかして、まきさん?かずみまきさんのこと?」

 

「そう!」

 

「まきさんとは、昨日、電話で話したところ!」

 

「うそでしょ!すごい!私前から、youtubeで見ていて、大好きだなーと思っていたんです」

 

イヤリング探しはとりあえず置いといて、もっと色々話しましょう、ということになり、桜満開の下、芝生に座り、夢中でお互いの話をしました。

 

ちょっと補足情報として、

5年くらい前に、ある霊能者に「あなたの使命は、吟遊詩人だ」と言われたことがあって。

自然の法則とか、宇宙の真理のようなものを、にして、人々にで伝えていくのがあなたの使命です。

あなたの声は、人に安心感を与える母性がある。

ヨガというより、あなたは思想家ね。

体をちょっとストレッチしたら、その後は真理を静かに語り合うような・・・

あなたの思想に共鳴した人たちが集まってコミュニティになる。そんな感じが見える」

 

・今している仕事は、まさに自然の法則、宇宙の真理を伝えること

を書くことは小さい頃の私の趣味だった

・小学校の時の大好きな担任の先生に「君は詩人だ」と卒業の時にメッセージをもらった

・小さい頃からを歌いたかった

・「癒される」と、よく褒めていただける

が好き

・今回、「旅つながりの友人 Iさん」との再会で、また自由気ままな旅のエネルギーが戻ってきた

 

吟遊詩人は、旅をしながら歌で真理を伝える人のこと

 

自分の特徴と「吟遊詩人」は、ぴったりマッチしていました。

 

 

以前、霊能者の方のビジョンにワクワクしたものの、小さい頃書いていたように、スラスラと詩が出てこない。

何回かトライして、やめていました。

「吟遊詩人ってどうやってなるんだ?」分からないまま、年数がすぎていました。

 

 

youtubeで、バウルのかずみまきさんを見かけてから、

魂から自由に歌っている姿に心を打たれていました。

 

 

バウル(ベンガル語:বাউল)はインドとバングラデシュにまたがるベンガル地方の歌い人。適切な訳語が無く吟遊詩人、神秘的詩人、芸術的修行者など様々に呼ばれる。村瀬智は敬意を込めて「風狂のうたびと」と名付けた[1]。ユネスコ無形文化遺産[2]である。(wikipediaより)

 

 

そして、今回出会った、女の子は、この「かずみまきさん」がいらっしゃるアシュラムに16年前から通っている人だったのです!

 

まさかのまさか。

 

イヤリングを探していて、話しかけてきた人が、こんなに偶然の一致があるなんて!

これは単なる偶然ではないでしょう!?

 

 

私は、小さい頃から歌を歌いたかったものの、

勉強や仕事でずっと後回しにしてきて、

「目の前のこれが終わったら、いつか・・・」と思いつつ、人生も後半戦。

 

インドで、「インドクラシックボーカル」を学んだものの、

広すぎて、深すぎて、全くものにならない。

 

日本に帰ってきて、ジャズボーカルのレッスンに行き、先生も素敵な方でとても楽しく、2年続けましたが、この1ヶ月くらい前から、忙しくなってきた仕事を優先したくなり、つい先週、レッスンをやめたところだったのです。

 

私は今、ヨガ、瞑想で「ディバインセルフ(本当の私)につながり、ゆだねて生きること」を生徒たちに教えていますが、

ディバインにゆだねて生きると、自分では思ってもみなかったような奇跡が、こんな風に起きるんだよ、ということを、また分かりやすい形で見せてくれました。

ディバインは、あなたにとって何がベストかを知っていて、

宇宙の巧みな計算で、人生にこんな形で、現れてくれるんです。

私たちが、マインドで一生懸命、画策したところで、こんな風には絶対にできない。

そんなことを、軽やかに、鮮やかにもたらして、楽しませてくれるんですね。

 

認定講座

 

 

 

 

 

 

 

投稿カテゴリー
up
error: Content is protected !!