about us

代表 鶴田京子 プロフィール 

神戸市外国語大学・英文科卒業、立命館大学大学院社会学研究科博士前期課程卒業。1996年より2年間、やりたいこと探しのために、東南アジア、オーストラリア、北中南米など13カ国を放浪。大学院時代、アフリカのケニアで教授の研究助手、論文用の研究のためメキシコへ。

大学院卒業後、六本木ヒルズスクール講師、SBS学苑講師、ヒューマンアカデミー講師、全国各地の商工会議所、企業などで、ヨガ、コーチングのセミナーを行う。
東京でヨガインストラクター資格を取りスタジオを開くも、知識不足を痛感し、本格的なヨガを学ぶため、2007年よりインドへ。渡印後、ヨガの本質は、瞑想と哲学であると知り、5年間インドに滞在しながら、多くの聖者と交流し奥深い知識を学ぶ。・2007年 インドのSchool of Ayurvedic Massage & Panchakarma Therapy にて、アーユルヴェーダマッサージ&パンチャカルマセラピー60時間終了
・2007年 タイのサンシャインマッサージスクールにて、トラディッショナル・タイ・ヨガ・マッサージ60時間トレーニング終了
・2007年 南インドのバンガロールにある、ヨガによる病気へのアプローチ(癌、うつ病、糖尿病など)やヨガリサーチにおいて世界一といわれるヨガ専門大学SVYASAで、ヨガインストラクターコースにてヨガポーズ、呼吸法、瞑想法、インド哲学、ストレスマネジメント、奉仕のヨガ、祈りのヨガなど、ヨガを包括的に学ぶ。インド政府認定ヨガインストラクター資格取得
・南インド・タミルナドゥ州にある、20世紀最大の聖者・ラマナマハリシのアシュラム近くにアパートを借りて住み、近隣の聖者から、教えを受けながら、瞑想中心の生活を4年間続ける。
・2011年、チンマヤミッション(在ムンバイ)にて70人のインド人と寝食を共にしながら早朝5時半から夜8時まで毎日1年間、インド哲学コースに参加。サンスクリット語で書かれた聖典ヴェーダを正式に学ぶ(授業は英語・サンスクリット語)
・2013年より、Cherrinと共に、インドのシッキム地域にて貧しい子供たちへのチャリティーを行う。
・2017年より、インドの学校にてヨガを無償で教えるヨガチャリティーを開始。

現在、ヨガを通信講座で教えています。ヨガのサイトはこちらから

講師 Cherrin プロフィール

インドのヒマラヤ地方、シッキム州出身。仏教徒の土地に生まれ、薬草を見て、どの病気に効くかを直感で感じ取り治癒するシャーマン&ヒーラーの父と、尼さんの母に育てられた。万物への愛から、幼少の頃、家族の中一人でベジタリアンになることを決め、未だに続いている。幼少の頃から、マントラは自然と周りにあった馴染み深い存在で、今も常にマントラと共に生きている。西ベンガル大学卒業(専攻は英語・教育・国際政治)。ヨガ講師、貧しい村に保健衛生の教育を行う福祉活動、政治家の秘書、新聞社のジャーナリストとして勤務。インドの大学や各学校でモラル教育の講演家として英語で講義。ムンバイのインド哲学コースにて2年間修行(英語・サンスクリット語)。この哲学コースにて当センターの代表、鶴田と出会い、結婚、来日。現在は、当センターの講師、教材作成、生徒へのアドバイスを行いながら、自身の出身民族であるレプチャ族の貧しい子供たちにチャリティ活動を行っている。

語学は、幼い頃より、多くの言語を話す(レプチャ語、シェルパ語、ブティア語、ネパール語)地域の共通言語がネパール語。学校ではネパール語とヒンディー語と英語を使ってきた。