家事や仕事が 忙しい人ほどワンネスの体験ができる理由

家事や仕事が忙しくて、瞑想ができないんです。

という話を時々、受講生から聞きます。

 

今日は、

家事や仕事が忙しい人ほど、逆に、瞑想的な生活ができ、

ワンネスが体験できるというお話をしたいと思います。

 

先日、受講生からこんな質問を受けました。

「先生は、瞑想中以外の日常では、

どんな時に、Divine(内なる神性)に繋がっていますか?」

 

実はこの質問に答えるのは、難しくて・・・。

 

なぜかというと、

 

「Divine(内なる神性)に繋がっている」時というのは、

マインドが大人しく休んでいる時ですから、

 

「あ、今、Divine(内なる神性)に繋がってるな〜」

「思っている」ということは、

逆に、そうではない時なんですよね。

 

この矛盾、わかります?(笑)

 

 

でも、このご質問に

あえて答えるとするならば、

 

後から振り返ってみて、

 

あの時は、マインドが大人しくなってたな、

Divineが優勢だったなというのが

「分かりやすかった時」というのは、

 

自分のマインドが知らないはずのことを

パッと知らされた時。

(もちろん、Divineが優勢だからといって

いつも情報が入ってくるものではないですが)

 

そんなこと、この個人としての「私」が

知っているはずない情報。

テレビで見たとか、

youtubeで誰か話していたとか

本で読んだ、とかではなく、

「なんで、こんなことが自分が知ってるの?」ということです。

 

例えば、バスに乗っていて、

寝ていた時に、

ふと、直感が来て目を開いたら

降りる場所だったとか。

これは、インドの知らない土地を数時間走っている時なので

自分が今どこを走っているのか、全く検討がつかないのです。

でも、ちゃんと降りるべき場所で、気づかせてもらえる。

 

自分が知らないはずのことを、なぜか知っている。知らされる。

一例です。

 

 

他に、よくある日常で言えば、

お皿を洗っていた時など。

 

水に触れながら、

お皿のこびりついた汚れを

手の感触で確かめながら

洗っていた時は、

マインドがとても大人しく鎮まっています。

 

 

パソコン作業とかをしている時は、

マインドが優勢になっています。

でも、ふと、立ち上がって

台所に立つと、

よく、自分の知らないはずのことが

パッと知らされます。

 

 

ですから、受講生さんたちが

「家事や仕事が忙しくってできないんです」

というお悩みも、

 

逆に、それを利用したら良いと思いますね♪

 

体や手を動かして、

目の前の作業に集中しているとき、

 

家事や仕事をしているときこそ、

ノーマインドの状態になりやすく、

Divineが優勢になれるんです。

 

こうして、瞑想していても、していなくても、

瞑想中のような状態(つまり、Divineが優勢である状態)

を日常で少しずつ増やしていくことが

大事だと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿カテゴリー
up
error: Content is protected !!