チネイザンで実際に起きた変化

タイのチェンマイで、チネイザンを学んで、どんな変化が実際に起きたかについて、今日は書きたいと思います。

人により、どんな変化が起こるかは、個人差があると思います。

今回お話しするのは、私自身に起きた個人的な変化です。

 

① 1日で、長年気になっていた、右肩奥のひきつりが無くなった

いくら外側からストレッチをしたり、マッサージしたりしても、解決しなかった、奥〜〜の方の引きつり。

それが、チネイザンのクラスで、生徒同士、1日練習をしあっただけで、翌朝、解決していました。

外側からいくらやってもできないことは、内蔵をゆるめることで、内側からゆるめることができるんだ!と物凄く感動しました。

 

 

② トイレに何度も駆け込みデトックスMAX!

午前中だけで、トイレに10回は行っていました。

私の場合は、便の方ではなく、尿。

それだけ、内臓に水分が蓄積され、浮腫んでいたと言うことだと思います。

あまりにもトイレに行きすぎるので、先生に「また?」と笑われるほど笑

普段から、トイレは近いのですが、チネイザンコース中は、あまりにも出ました。

かと言って、何か異常があるとかわけではなく、体は元気なんです。

 

 

③ 浮腫が取れて、フェイスラインがスッキリ

お腹の浮腫が取れたためか、チェンマイについた時の自分の顔と、フェイスラインが大違いでびっくり!

お腹のむくみが取れると、顔のむくみまで取れるんです。

下の写真は、1週間だけの違い。

 

④ 体臭がなくなった。脇の臭いがゼロに

実は・・・恥ずかしながら、最近、体臭、特に脇の臭いがとても気になっていました。

マッサージ中にペアを組むので迷惑にならないかなと気になって、デオドラントを買いに行ったほど。

デオドラントをすると、まあまあ抑えられるのですが、それでも、暑くて汗をよくかくし、臭いは全部消えませんでした。

しかし!腸が綺麗になったことで(コロンクレンジングも2回やりましたので)、脇の臭いがほぼゼロになったのです!

以前は、シャワーを浴びてもすぐ臭いがするほどで、悩んでいたので、本当に嬉しいです。

腸が綺麗になると、体臭もなくなるという、驚きの発見でした!

 

 

⑤ 生理の変化

私はアラフィフなので、生理の期間や量が不安定になってきています。

チネイザンのマッサージで促されたのか、1ヶ月に2回生理がきて、マッサージコース中は、量がたくさんでした。

でも、頭痛や生理痛、貧血などは全くなし。体調に全く問題はありませんでした。元気そのもの。

デトックスになったかなと思っています。

 

 

⑥ 疲れにくくなった

チネイザンコースに来る前、タイの南の島であったヨガリトリートがあまり良くなくて、疲労が蓄積していました。

しかし、このコースに来てから、3週間、日を追うごとに、元気が増して行きました。

週ごとに来る新しい生徒さんから「学ぶことがたくさんあって、すごく疲れる!あなたも疲れない?」と聞かれましたが

1日ペアワークでマッサージしていても、全く疲れないんです。

確かに、学ぶ知識がたくさんあるし、お互いにマッサージしているので、1日終わる頃には、ヘトヘトなはず。

でも、元気なんです。

日本に帰国してからも、あまり疲れていないんです。

いつもなら、海外に長期滞在して、帰国したら、たいていは、1週間くらい疲れていたのですが。

 

⑦ かつてないほど肩と首が解放され上半身がリラックス

チネイザンのクラスで練習した後、休憩中、体感覚が全く違うことに気づきました。

かつてないほど、上半身がスーッと解放されているのです!

これは、いくら肩や首を1時間揉んだとしても、決して得られないリラックス感です。

これは、カルサイというもう一つのコースで練習した時も同じだったのですが、

それだけ、お腹や下半身に無意識に力みがあるということですね。

他国の人々に比べ、日本人は特にお腹に感情をためやすいと言われます。

ほとんどお腹ばかり触っているのに、肩と首が楽になっていたことに驚きました。

 

 

その他:クラスメートの人に起きた変化

1日に7〜8回、排便があったらしく、1週間で2キロ体重が減ったのだとか。

 

チネイザンをすると、感情的なデトックスが起きて、号泣する人もいるそうですが、私はこれまで瞑想やヒーリングなどをやってきたためか、それは起きませんでした。

 

私は腰痛もないので、その変化はわかりませんが、腰痛や背中痛にも効果が出るはずと思います。

 

これから、毎日セルフケアを続けることで、もっといろんな変化が起きてくる気がします。

どんな変化が起きるか楽しみでワクワク。またご報告しますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿カテゴリー
up
error: Content is protected !!