自分を女神のように扱う「女神のセルフケア」

あなたは、「癒されるべき可哀想な人」ではありません。

「闇を抱えたあなたを癒してあげる」とセラピストに言われる人でもありません。

どうか、そのように自分自身を見ないであげてください。

 

あなたは、女神(神)です。

 

可哀想な、癒しが必要な、何か足りない、答えが見つからず探し求め続けている人ではありません。

それを得るために修行をし続けている人ではありません。

 

あなたは、女神(神)です。

 

あなたは、周りの「可哀想な人々」を助けるために、自己犠牲する必要はありません。

 

可哀想な人と見て、余計なお節介をすることは、自立のチャンスを奪うことになると気づき、

 

あなたが、女神(神)として自分自身を大切に扱うのと同等に、

周りの人に対しても、女神(神)として信頼します。

 

自分の「快、不快」に気づき、

満たされ、

光輝けば、

あなたの周りも自立して、光り輝きます。

 

自分のケアをすること、

自分を大切にすること、

自分を優先すること、

自分が楽しむこと、

自分が幸せになることの

罪悪感を手放します。

 

あなたが「女神(神)」であると

認めることへの恐れと抵抗感を手放します。

 

自分自身を女神(神)として大切にセルフケアし

恐れ、罪悪感、恐れを溶かして、流して行きましょう。

 

癒やされた可哀想な人が、次の可哀想な人を癒すという連鎖を終わらせて。

 

目覚めた女神(神)は、そこにいて、光り輝いているだけで

周りの存在も光輝くのですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿カテゴリー
up
error: Content is protected !!