講師プロフィール

Kyoko Tsuruda

代表 | インド政府認定ヨガ講師・瞑想講師

1990年より瞑想、2000年よりヨガを始める。神戸市外国語大学卒業、立命館大学大学院社会学研究科博士前期課程卒業。

1996年より2年間、やりたいこと探しのために、東南アジア、オーストラリア、北中南米など13カ国を放浪。大学院卒業後、六本木ヒルズスクール講師、SBS学苑講師、ヒューマンアカデミー講師、全国各地の商工会議所、企業などで、ヨガ、コーチングのセミナーを行う。

東京でヨガインストラクター資格を取りスタジオを開くも、知識不足を痛感し、本格的なヨガを学ぶため、2007年よりインドへ。

渡印後、ヨガの本質は、瞑想と哲学であると知り、5年間インドに滞在しながら、多くの聖者と交流し奥深い知識を学ぶ。

2007年 インドのSchool of Ayurvedic Massage Panchakarma Therapy にて、アーユルヴェーダマッサージ&パンチャカルマセラピー60時間終了

2007年 タイのサンシャインマッサージスクールにて、トラディッショナル・タイ・ヨガ・マッサージ60時間トレーニング終了

2007年 南インドのバンガロールにある、ヨガによる病気へのアプローチ(癌、うつ病、糖尿病など)やヨガリサーチにおいて世界一といわれるヨガ専門大学SVYASAで、ヨガインストラクターコースにてヨガポーズ、呼吸法、瞑想法、インド哲学、ストレスマネジメント、奉仕のヨガ、祈りのヨガなど、ヨガを包括的に学ぶ。

インド政府認定ヨガインストラクター資格取得。

・南インド・タミルナドゥ州にある、20世紀最大の聖者・ラマナマハリシのアシュラム近くにアパートを借りて住み、近隣の聖者から、教えを受けながら、瞑想中心の生活を4年間続ける。

2011年、チンマヤミッション(在ムンバイ)にて70人のインド人と寝食を共にしながら早朝5時半から夜8時まで毎日1年間、インド哲学コース(アドヴァイタ・ヴェーダンタ/advita vedanta)に参加。サンスクリット語で書かれた聖典ヴェーダを正式に学ぶ。


 
・ 通信講座の卒業生は約400名。通信講座の体験談はこちら
・カウンセリング実績は約300名。カウンセリング体験談はこちら

Photo gallery