許せなかった相手を許せるようになるワーク

今日は許しについての話です。

「私たちは、時に、誰かのたったひとつの

過ちを許すことができない。

その人のしてくれた数百回の恩を忘れて」

 

これは、インドのダラムサラという街で

ダライラマ法王と3日間、

一緒に時間を過ごし、

お話を聞くことができた時に、

ある方から聞いたお言葉です。

 

そこで数年、修行していた

フランス人の女性が話してくれた

言葉だったと思います。

 

彼女は、私に、いろんなことを

教えてくれました。

 

ご両親のことを

60代になっても、70代になっても、

なかなか許せないという方が、

時に、私のセッションに

来られることもありました。

 

許せないという気持ちは、

自分自身を一番苦しめるものですよね。

 

 

そこで今日はみなさんに

ひとつワークを紹介します。

 

【許せるようになるワーク】

 

許せないと思っている相手が

あなたに対して、

 

「してくれたこと」

「してくれなかったこと」

を紙に書き出してみます。

 

 

 

すると・・・

 

実は、「してくれたこと」

の方がたくさんあることに気づき、

 

今まで、自分は

「してくれなかったこと」ばかりに

フォーカスが当たっていたのだと

 

気づくことがあります。

 

単に、自分の「見方」が

偏っていただけなのだと

その「見方」が自分を

苦しめていただけなんだと

気づくきっかけになるかもしれません。

 

 

もし、あなたが誰かを許せないという

気持ちがあるとしたら

やってみてくださいね。

 

 

人を許し、自分を許し

おおらかな気持ちで生きていく。

人として、ステップアップしていきましょう♪

 

 

投稿カテゴリー
up
error: Content is protected !!